ゴルフのティーアップの錯覚について

ゴルフを行う上で打ち上げホールやフォローの風が吹いている状況では、高い弾道で打ちたいので、普段よりもティーアップを低めにしてローボールを打つということが大事です。

しかし、どんなティーアップの高さでもスイングをアジャスト出来る上級者とは異なりアベレージゴルファーのレベルでは、毎ホール変わるティーグラウンドでティーアップの高さを変えて弾道をうちわける事は難しすぎるという事があります。ティーグラウンドの芝刈り高はシーズンによって異なり、アマチュアゴルファーは芝の長さによる視覚的イメージでティーアップの高さを決めている傾向にあります。

芝が長く伸びている夏場は、いつも通りティーアップをしているつもりでも低く見えるので、極端に高いティーアップになりやすいです。結果的には、いつものスイングでボールをヒットしたらテンプラしてしまう事などよくあります。

基本的にティーアップはノーマンの高さが理想で、その高さベースにしてレベルに触れるようにスイング作りをすることで軌道の安定に繋がります。