斜面に対処したゴルフボールの打ち方

登り傾斜がある場所でボールを打つ際の対策としては、左足の下に籠や箱などを置いてみるといいでしょう。

この状態だと右足に体重を置いた打ち方になります。体重の移動はほとんどできませんので、フォローは高く振り上げる形になります。フィニッシュは右足で体を支えるようにしていきます。

下り斜面では反対に、右足の下に籠などを置きます。この状態だと左足に体重を置いた打ち方になります。

ここで大切なのは打ってから体を起こさないようにすることであり、背筋を使って低い姿勢を保つことが大切です。高い球を打つのは困難なため、傾斜に合ったスイングを心がけましょう。

前下がりの状況に対処するには、スタンスの下にもう一枚マットを敷いて練習することで、ボールのほうが足より低い位置に来ます。

ここで両膝を低く落とすようにして、フェースをボールに合わせるようにします。

前上がりの状況に対処するには、ティーアップして打ちます。

上からたたくと練習になりませんので、姿勢をやや起こし、かかと寄りに体重を乗せて打つようにします。