ゴルフのグリーン上の配慮について

ゴルフを始めたころはあまり気にもしませんでしたが、みなさんはグリーンの手入れ、またはマナーについてどれほど気を使っているでしょうか。

わたしは今はどんなコースに行ったとしても非常に自分自身は気を遣うようにしています。まずはボールマークは自分自身のボールではなくとも、時間が許す限りきれいにグリーンフォークできれいにしています。さらにスパイクレスならまだしも、ソフトスパイクをはいている場合はグリーン上は走らない音はもちろん、極力傷めないように無駄な歩数を踏まないように心がけています。

もちろん、ゴルフ場によってはその整備のレベルに差はあるとは思いますが、プライヤーのいないところで裏方さんがきれいにしてくれているところを考えた場合に、いかにお金を支払って楽しんでいるとはいえ、きちんと敬意を払って利用することも一つのマナーだと考えるようになったからです。

こうした気持ちを持つ方々が増えれば、きっとゴルフ場もきれいになっていきます。