ゴルフのコースにある色々な場所をチェック

ラウンドしている時には、色々なコースにある障害物や環境に沿って、ショットを変更していくことになります。

ボールが落ちることになる場所を知っていることは、結構大切なことになるので状況を知っていることは大事です。

基本的にフェアウェイを狙ってショットを撃ちますが、かなり草の長いところがあります。

これをラフと呼び、コースによってその状況は変わります。

またファーストカットとされているところは、以前までセミラフと呼ばれることもありましたが、現在はこちらが採用されています。

フェアウェイに近いですが、少しショットパワーが軽減されます。

他にはバンカーや池のように、障害物としてわかりやすいところもあります。

池は落ちてしまったら1打罰となり、打数が増えてしまいます。

バンカーは出しづらいので一番パワーが出なくて出しやすいものを使います。

グリーンまで持っていけばいいですが、グリーンにはエッジが用意されていて、若干パワーが出ないように作られている場所もあります。

これらのコースセッティングを知りながら、何処を狙えばいいか考えていくことです。